アレルギー関連の情報提供とイベントの紹介

食物アレルギー防災カードについて

食物アレルギー防災カードセット

今後の災害でアレルギーの子ども達が困らないために

アピールセット

 東日本大震災では、多くの食物アレルギー患者が必要な食品の入手に苦労しました。
 特に避難所においては、届けられる支援物資の多く(パンやカップ麺、レトルトカレーなど)に卵や乳・小麦などのアレルゲンが含まれ、長期間アルファ化米やおにぎり、果物などしか食べられないということもありました。
 また、食べられそうな食品でも原材料の確認ができず食べられなかった事例もありました。


 万が一同じような災害が起こった際こうしたことを繰り返さないためには、行政レベルで防災計画の段階から食物アレルギーに対応した計画をたてることが大切であると私たちあっぷるんるんくらぶは考えました。
 2012年9月に当会も入会しているアレルギーの会全国連絡会の皆さんと一緒に国に対して、同12月に当会単独で宮城県に要望書を提出しました。その結果、それぞれアレルギー患者への配慮が防災計画等に盛り込まれることとなりました。


 しかし、一番大切なことは、アレルギー患者自身が『アレルギーがあること』を周囲に遠慮せずに伝えることです。東日本大震災では「みんな大変だから・・」「どうせわかってもらえないから・・」などと、困っていても自ら声をあげることができない方も多かったようです。


 自らアレルギーであることを周囲に伝え、必要な支援をスピーディーに要望できるように、この「食物アレルギー防災カードセット」を作成しました。いつどこで起こるか分からない災害に備えてぜひこのツールを活用して欲しいと思います。

食物アレルギー防災カードセット 内容

1.携帯カード(患者本人用)

患者用カード表

 お子さんに、「このカードを持っていると、困ったときに周りの人があなたを守ってくれるカードだから持っていようね」と説明できるようにと、お母さんたちが心を込めてつくりました。
 親である私たち自身に何かあった場合でも、このカードによって子供たちが必要な支援が受けられるように工夫しましょう。
 職種(公務員・医療関係者・介護関係・報道関係など)によっては親が自宅に戻れない場合があり、子供だけで避難所にいなければならない事も多くありました。日頃から対応を考えておく必要があります。


2.携帯カード(保護者用)

保護者用カード表_s

 保護者用のカードは、避難所についた後の行動のポイントを記載しました。
 また、緊急時に患者家族が声をあげることを手助けできるような内容になっています。
 周囲にアレルギーがあることをきちんと伝えることが重要です。パニックになりやすい緊急時もこのカードをみて落ち着いて行動しましょう。




3.食物アレルギーお知らせカード

食物アレルギーお知らせカード

 避難所で親と一時的に離れている場合でも誤食防止に役立つよう作りました。

 特に、自分で意思表示が難しく親と離れて被災する可能性のある乳幼児(保育園児)~小学生くらいまでが携帯することを想定しています。

 慣れない避難所では、周りの方々が親切心で食物を渡してしまい、事故が起こった例もありました。
 衣服にガムテープ(布テープが最適)などで貼ることができます。丈夫な合成紙なので着替えても貼り替えて繰り返し使えます。水に濡れても破けません。

 避難所の自分の居住区画などに貼ったり、棒につけて旗にして使うこともできます。


4.自分で貼る!助けてポスター

助けてポスター

 災害時には、避難所や役所などに掲示板が作られます。東日本大震災でも多くの人々が安否確認や伝言に利用しました。

 このポスターは、掲示板に貼って、支援を必要とする被災者自らが名乗りでることを手助けするツールです。

 行政や、支援者にいち早く自分たちの存在を知ってもらうことが迅速な支援につながります。
 
 目立つように赤と黄色の縁取りをしています。事前に何枚かカラーコピーして、防災グッズの中に準備していくと良いでしょう。

 A4・2面付になっていますので、B4やA3サイズに拡大してください。




 入手方法について

 その1.申し込み~郵送

 お問い合わせ・ご相談フォームより、食物アレルギー防災カードセット希望を選択し、お申し込み下さい。
内容欄に住所、電話番号、必要部数をご記載ください。
 食物アレルギー防災カードセットは無料ですが、郵送料事務手数料として150円のみご負担下さい。 ご協力よろしくお願いいたします。

 その2.ダウンロード

ダウンロードはこちらのページからどうぞ

アピールセットダウンロード


▼食物アレルギー防災カードセットは、水に濡れたりテープを貼ってもやぶれない合成紙(ユポ紙)でできています。ホームページよりダウンロードした場合には普通紙への印刷となりますので、こうした耐久性は望めませんがこの点をご理解の上ご利用下さい。

▼食物アレルギー防災カードセットは、B4用紙に縁なしでレイアウトされています。
家庭用のプリンターで印刷する際は、プリンタがA3サイズ印刷に対応している必要があります。ただし、一般的な家庭用インクジェットプリンタで印刷した場合、水濡れによりインクがにじんだり、長期の保存で褪色してしまいます。
カラーレーザープリンタで印刷すれば水濡れの問題は回避できます。

▼コンビニのコピー機からも、印刷できるサービスがあります。下記を参考にしてください。

●セブンイレブン マルチコピー機
USBメモリーなどに保存したデータを、セブンイレブン店内のマルチコピー機でプリントアウトできます。

詳しくは、
http://www.sej.co.jp/services/print_document.html
http://www.sej.co.jp/services/popup/svflow_document.html

●ネットワークプリントサービス サークルK・サンクス・ファミリーマート・ローソン
オンラインで文書データを登録し、コンビニ店舗でプリントできるサービスです。
詳しくは、
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/top.aspx
https://networkprint.ne.jp/sharp_netprint/howto_doc.aspx

powered by Quick Homepage Maker 4.91
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional